/

この記事は会員限定です

株2万9000円割れ 経済再開につきまとう供給制約、内需にも影

[有料会員限定]

年度下期入りした1日午前の日経平均株価は大幅続落し、節目の2万9000円を割り込んだ。米連邦政府の債務上限問題などを受けて先物主導で売りが広がった。新型コロナウイルスの新規感染者が減少傾向にある国内では、1日で緊急事態宣言と「まん延防止等重点措置」が解除。全国でいずれも発出されていないのは約半年ぶりで経済正常化に向けた大きな一歩だが、単純に歓迎とばかりもいかないようだ。

1日の東京市場では幅広い銘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン