/

この記事は会員限定です

ビットコイン、レディット勢には敷居高く 標的は別に

NQNシンガポール 編集委員 今晶

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=編集委員 今 晶】米SNS(交流サイト)レディットを舞台とする個人マネーの奔流は、暗号資産(仮想通貨)市場にも向かっている。束になったとしても個人の資金力は限られるため、標的となりやすい通貨は単価の安いもの。「お手軽通貨」であるドージコインやXRPが急騰した。一方、値段の高いビットコインは彼らにとっては敷居が高いようで、買いが続かず上値の重さが目立っている。

デジタルの申し子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン