/

ロンドン株19日 小幅続落 ギャンブルのエンテイン急落

【NQNロンドン】19日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小幅に続落した。前日の終値に比べ7.70ポイント(0.1%)安の6712.95で引けた。構成銘柄の6割超が下落した。

午前は買いが優勢だった。午後は前日終値付近で一進一退した。主力の鉱業株が売られ相場を押し下げた。医薬品株への買いが支えになった。

ギャンブル事業のエンテイン(旧GVCホールディングス)は急落した。米国のカジノ運営会社との買収交渉が頓挫し、失望売りが加速した。ブックメーカー(賭け屋)のフラッター・エンターテインメントも連れ安した。銀行株も売りに押される中で、HSBCホールディングスは中国の景気回復期待を手掛かりに高くなった。医療機器のスミス・アンド・ネフューが高かった。前日安く引けた航空のインターナショナル・エアラインズ・グループは買い戻された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン