/

ロンドン株7日 反発 鉱業株や銀行株に買い

【NQNロンドン】7日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発した。前日の終値に比べ34.91ポイント(0.47%)高の7485.28で引けた。構成銘柄の5割超が上昇した。

引けにかけて買い圧力が強まった。主力の資源株と金融株が買われ、相場を押し上げた。銅相場高を受けてアングロ・アメリカンなど鉱業株や石油株が高かった。銀行株は続伸した。欧米の長期金利の上昇で利ざやの改善を期待した買いが続いた。保険株も上げた。

ネット専業スーパーのオカド・グループなど食品関連株の売りが目立った。ポンド高が業績の重荷になる多国籍企業の酒類のディアジオも安かった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン