/

ロンドン株6日 3.5%高 約10カ月半ぶり高値

【NQNロンドン】6日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日続伸した。前日の終値に比べ229.61ポイント(3.5%)高の6841.86と、終値ベースで2020年2月下旬以来、約10カ月半ぶりの高値で引けた。日中を通して徐々に上げ幅を広げた。構成銘柄の約9割が上昇した。

米南部ジョージア州の上院決選投票で、民主党が2議席を得て多数派を確保するとの見方が広がり、バイデン新政権による景気刺激策への期待から買いが広がった。景気に敏感な銀行株と資源株の上昇が、株価指数の上げに大きく影響した。

スタンダードチャータード銀行は9%超上げた。アナリストによる株価目標引き上げなども好感された。銀行のHSBCホールディングスは10%近く上昇した。サウジアラビアが自主的に追加減産すると表明したことで原油相場が上昇し、BPなど石油株も買われた。産業用ソフトウエアのアヴィバグループは3%超下げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン