/

ロンドン株15日 反落 石油や銀行など景気敏感株に売り

【NQNロンドン】15日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反落した。前日の終値に比べ66.25ポイント(1.0%)安の6735.71で引けた。構成銘柄の9割超が下落した。

新型コロナウイルスの影響で、世界景気の回復には時間がかかるとの見方から売りが優勢だった。午後に米株式相場が大幅に下落すると、英株市場も下げ幅を広げた。景気敏感株を中心に幅広い銘柄が売られた。

景気動向に左右されやすい石油株や鉱業株、銀行株が安かった。原油と銅相場の大幅下落も売り材料になった。ネット食品デリバリーのジャスト・イートの下げも目立った。

産業用ソフトウェアのアヴィバグループは大幅に上昇した。大型契約の更新を受けて2020年10~12月期が増収となり、通期の見通しにも自信を示したことが手掛かりになった。セキュリティー対策ソフト大手のアバストは連れ高した。医薬品株と公益株も堅調だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン