/

ロンドン株14日 続伸 バーバリー・グループに買い

【NQNロンドン】14日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続伸した。前日の終値に比べ49.09ポイント(0.7%)高の6939.58で引けた。上昇と下落の銘柄数はほぼ拮抗した。

英国では新型コロナウイルスワクチン接種が進み、経済正常化への期待感から買いが広がった。銅と原油の相場上昇を背景に鉱業株と石油株が買われ株価指数を押し上げた。

ファッションのバーバリー・グループは、仏同業のLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの好業績を好感し買われた。資源商社のグレンコアは5%超上げた。アナリストが投資判断と株価目標をともに引き上げたことも材料視された。石油のBPの上げも目立った。スーパーマーケットのテスコは業績悪化が嫌気され売られた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン