/

ロンドン株2日 続伸 金融株上昇 赤字決算のBPに売り

【NQNロンドン】2日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続伸した。前日の終値に比べ50.23ポイント(0.8%)高の6516.65で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。

2日のアジア株と米国株の上昇を受けて、英国株も買いが優勢だった。英国で新型コロナウイルスワクチンの接種が順調に進んでいることも投資家心理の改善につながった。

金融株が相場の上昇をけん引した。銀行株と保険株はそれぞれ全銘柄が上昇した。英国などの長期金利上昇を背景に利ざや拡大を見込んだ買いが入った。インターコンチネンタル・ホテルズ・グループや航空大手のインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)、レジャー・外食のウイットブレッドなど旅行関連株の上げが目立った。酒類のディアジオやたばこ株も堅調だった。

石油のBPが大幅安。2日発表の2020年12月期決算で最終損益が赤字となり、赤字幅も過去最悪となったことを受けて売りが膨らんだ。主力の鉱業株は、利益確定の売りで下落した。なかでも前日に大幅上昇したフレスニージョが安かった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン