/

米国株、ダウ続伸し95ドル高 景気敏感株に買い ナスダックは反落

【NQNニューヨーク=古江敦子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸し、前日比95ドル83セント(0.3%)高の3万6398ドル21セントで終えた。新型コロナウイルスの感染が拡大しても、米経済への悪影響は限られるとの見方から景気敏感株を中心に買われた。11月8日に付けた過去最高値(3万6432ドル22セント)を上回る場面があった。一方、ハイテク株には利益確定の売りが出て、相場の上値を抑えた。

米国では新型コロナの変異型「オミクロン型」の感染拡大が続く。ただ、米疾病対策センター(CDC)は27日、感染者が無症状の場合は隔離期間を従来の10日間から5日間に短縮すると発表した。オミクロン型は重症化する確率が低いとの調査結果もあり「行動制限が長引く可能性は低く、来年も米景気の回復基調が続くとの楽観が広がった」(CFRAのサム・ストーバル氏)という。

経済活動の正常化の恩恵を受けやすい映画・娯楽のウォルト・ディズニーが上昇し、航空機のボーイングや化学のダウも上げた。小売りのウォルマートやドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスなど消費関連銘柄の一角も高い。

一方、足元で上昇が続いたハイテク株は短期的な利益確定の売りが目立った。コロナ感染の拡大に対応し、ニューヨーク市の主要店舗を閉鎖したスマートフォンのアップルが下落。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトも下げた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落し、前日比89.538ポイント(0.6%)安の1万5781.724で終えた。エヌビディアなど半導体銘柄が全般に売られた。電気自動車のテスラやグーグルの親会社アルファベットも下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン