/

米国株、ダウ反発し239ドル高 好決算銘柄に買い ナスダックとS&P500種は最高値

【NQNニューヨーク=川内資子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比239ドル79セント(0.7%)高の3万5730ドル48セントで終えた。市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われ、指数を押し上げた。引け後に決算を発表したスマートフォンのアップルなどにも先回りの買いが広がり、ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は1カ月半ぶりに過去最高値を更新した。

製薬のメルクが6%高、建機のキャタピラーは4%高となり、2銘柄でダウ平均を85ドル押し上げた。メルクは2021年7~9月期決算が市場予想を上回る増収増益となった。キャタピラーは7~9月期の1株利益が市場予想を上回った。

ダウ平均の構成銘柄ではないが、前日夕に通期見通しの引き上げを発表した自動車のフォード・モーターが9%上昇した。供給網の混乱が企業収益を圧迫するとの懸念が薄れ、景気敏感株への買いにつながった。ダウ平均の構成銘柄では機械のハネウェル・インナーナショナル、化学のダウが高い。

28日の債券市場では前日に大きく低下した長期金利が上昇し、JPモルガン・チェースなど金融株の買い直しを誘った。米原油先物相場が反発し、石油のシェブロンも買われた。

バイデン米政権の看板政策である子育てや教育支援、気候変動対策の具体化を期待した買いも入った。大統領と上院民主党が当初の半分の規模である1兆7500億ドルの歳出・歳入法案で合意したと28日に伝わった。

ナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比212.280ポイント(1.4%)高の1万5448.118と9月7日以来ほぼ1カ月半ぶりに過去最高値を更新した。アップルのほか、ネット通販のアマゾン・ドット・コムにも好決算を期待した買いが入った。アナリストが目標株価を引き上げた電気自動車のテスラが4%上昇。社名を「メタ」に変更すると発表した交流サイトのフェイスブックも高い。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は反発し、44.74ポイント(1.0%)高の4596.42と過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン