/

米国株、ダウ続伸し204ドル高 主要3指数が最高値 ハイテク株が上げ主導

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前営業日の24日に比べ204ドル10セント(0.7%)高の3万0403ドル97セントと過去最高値で終えた。米政府による追加の経済対策がトランプ米大統領の署名を経て27日に成立し、好感した買いが入った。スマートフォンのアップルなど主力ハイテク株が軒並み上昇し、相場をけん引した。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は、94.689ポイント(0.7%)高の1万2899.423、S&P500種株価指数は32.30ポイント(0.9%)高の3735.36で終えた。ダウ平均と並び、主要3指数はそろって過去最高値を更新した。

相場上昇を主導したのは主力ハイテク株だ。アップル、交流サイトのフェイスブック、ネット通販のアマゾン・ドット・コムは4%近く上昇。検索サイトのアルファベットとソフトウエアのマイクロソフトも買われた。

11月以降、株式市場の物色の対象がバリュー(割安)株に向かう中、グロース(成長)株とされる主力ハイテク株は相対的に出遅れていた。追加経済対策の成立に加え、28日はバイデン新政権が新型コロナウイルス用ワクチンの生産加速を計画していると伝わるなど、ワクチン普及への期待も強い。株式市場を取り巻く好材料が相次ぐ中、安定的な成長が見込める主力ハイテクが買い直された。

業績や株価が新型コロナの直撃を受けてきた銘柄にも見直し買いが入った。映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーが大幅高となり、アメリカン航空グループなどの空運株、カーニバルなどグルーズ船株も買われた。

もっとも、新型コロナの感染者数は高水準が続き、行動規制の強化などが短期的に景気を冷やす懸念もくすぶっている。米国立アレルギー感染研究所のファウチ所長は27日、米メディアに「年末年始の休暇明けに感染が爆発的に増えることを懸念している」と述べた。建機のキャタピラーや化学のダウが下げるなど、11月以降に上昇が目立っていた景気敏感株の一角には売りも出た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン