/

米国株、ダウ続伸し337ドル高 決算好感した買いが支え ナスダックも続伸

(更新)

【NQNニューヨーク=川上純平】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比337ドル98セント(1.1%)高の3万0523ドル80セントで終えた。米主要企業の2022年7~9月期決算が相次いで市場予想を上回り、業績懸念が和らいだ。米株相場は景気減速による業績悪化を織り込んでいたため、決算を好感した買いが入った。

金融のゴールドマン・サックスが2%高で終えた。18日朝発表の決算で売上高と1株利益が市場予想を上回った。前週末に市場予想以上の決算を発表した同業のJPモルガン・チェースへの買いも続いた。

顧客情報管理のセールスフォースが4%高で終え、ダウ平均を押し上げた。物言う株主による株の大量取得が明らかになり、追随買いが入った。ダウ平均の上げ幅は午前中に652ドルに達する場面があった。

買い一巡後、ダウ平均は116ドル高まで伸び悩む場面があった。米連邦準備理事会(FRB)の大幅利上げ観測から、18日の米長期金利は一時4.06%を付けた。長期金利が上昇すると相対的な割高感が意識されやすい高PER(株価収益率)のハイテク株は売りに押される場面もあった。ソフトウエアのマイクロソフトは一時下げに転じた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続伸した。前日比96.601ポイント(0.9%)高の1万0772.402で終えた。ネット検索のアルファベットや半導体のエヌビディアが上昇した。交流サイトのメタプラットフォームズは下落した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません