米国株、ダウ続落し60ドル安 アップル上昇は支え ナスダックとS&P500種は最高値更新 - 日本経済新聞
/

米国株、ダウ続落し60ドル安 アップル上昇は支え ナスダックとS&P500種は最高値更新

(更新)

【NQNニューヨーク=川上純平】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比60ドル10セント(0.2%)安の3万5870ドル95セントで終えた。前日夕に発表した2021年8~10月期の決算が失望されたネットワーク機器のシスコシステムズが大幅に下落し、ダウ平均を押し下げた。半面、半導体株の一角には買いが集まった。

シスコシステムズは6%安で終えた。8~10月期決算で売上高と次期予想が市場予想を下回り、嫌気した売りが出た。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)、映画・娯楽のウォルト・ディズニーの下げも目立った。

ダウ平均は午前中に一時276ドル安まで下げたが、午後にかけて下げ渋った。完全自動運転の電気自動車を2025年にも発売すると伝わったスマートフォンのアップルが3%上昇し、ダウ平均を下支えした。同社株は2カ月ぶりに上場来高値を付ける場面があった。16日に市場予想を上回る好決算を発表したホームセンターのホーム・デポへの買いも続いた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発した。前日比72.139ポイント(0.5%)高の1万5993.710で終え、過去最高値を更新した。画像処理半導体のエヌビディアが8%高で終えた。前日夕に市場予想を上回る21年8~10月期決算を発表し、アナリストの目標株価の引き上げが相次いだ。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)も連れ高した。

S&P500種株価指数は前日比15.87ポイント(0.3%)高の4704.54で終えた。同指数も過去最高値を更新した。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません