/

米国株、ダウ反落し1164ドル安 低調な小売り決算受け企業収益に懸念 ナスダックも急落

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに大幅に反落した。前日比1164ドル52セント(3.6%)安の3万1490ドル07セントで終え、年初来安値を更新した。下げ幅は今年最大。米小売り大手のターゲットの決算が振るわず、インフレが企業収益を圧迫するとの懸念が強まった。米消費を巡る不透明感から小売り株を中心に幅広い銘柄が売られた。

ダウ平均は4月22日以降の1カ月で、800ドルを超える下げを記録した日が5回あった。昨年は年間を通しても1回しかなかった。急騰した翌日に急落するパターンを繰り返しており、市場では目先の相場回復に諦めムードも漂う。

ターゲットが18日朝に発表した2022年2~4月期決算は前年同期比52%の減益となり、1株利益は市場予想を下回った。売上高は市場予想以上に伸びたが、供給網の混乱や燃料費などコスト高が利益を圧迫した。同社株は25%安で終えた。同業のウォルマートも前日に市場予想を下回る減益決算を発表していた。小売り大手のさえない決算が相次ぎ、企業業績への懸念が強まった。

ターゲットの決算では食品や生活必需品の販売は底堅い半面、家電製品などは振るわなかった。「消費者は食品やガソリン価格の高騰に応じて不要不急の出費を抑えるようになったようだ」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との声が聞かれた。

前日発表の4月の米小売売上高が堅調で、株式市場では個人消費への楽観が強まったばかりだった。だが、小売売上高はインフレで押し上げられた面が強く、売上高の伸びに利益が伴っていない実態が小売り企業の決算で浮き彫りになった。

消費関連株の下げが目立ち、ダウ平均の構成銘柄ではウォルマートが7%安、ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが8%安、スポーツ用品のナイキが6%安、ホームセンターのホーム・デポが5%安で終えた。本来はディフェンシブ株の飲料のコカ・コーラや日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)も大幅安となった。

投資家心理が悪化し、前日に戻りが目立ったハイテク株も売り直された。スマートフォンのアップルは6%安となり、ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理のセールスフォースも安い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に反落し、前日比566.369ポイント(4.7%)安の1万1418.154で終えた。主力株が軒並み大幅に下げ、ネット通販のアマゾン・ドット・コムは7%安、交流サイトのメタプラットフォームズは5%安となった。電気自動車のテスラは7%下げた。エヌビディアなど半導体株への売りも目立った。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は前日比165.17ポイント(4.0%)安の3923.68で終え、ダウ平均と並んで年初来安値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン