/

米国株、ダウ小幅続落し39ドル安 原油高で消費関連に売り ナスダックは続落

(更新)

【NQNニューヨーク=川上純平】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続落し、前営業日の14日に比べ39ドル54セント(0.1%)安の3万4411ドル69セントで終えた。原油高を背景に消費関連株が売られた。半面、米長期金利の上昇を受けて金融株が買われ、相場を下支えした。

米原油相場は一時、1バレル109ドル台後半と3週間ぶりの高値を付けた。ガソリン高が消費の冷え込みにつながるとの見方から消費関連株が売られ、映画・娯楽のウォルト・ディズニーが2%下げたほか、ホームセンターのホーム・デポ、スポーツ用品のナイキなども安い。航空機のボーイングなど景気敏感株の一角も下げた。

半面、金融のゴールドマン・サックスが3%高、銀行のJPモルガン・チェースが2%高と金融株の上昇が目立った。米長期金利が18日未明に一時2.88%と2018年12月以来の高水準を付け、利ざや改善を見込んだ買いが入った。ダウ平均の構成銘柄以外では銀行のバンク・オブ・アメリカが市場予想を上回る22年1~3月期決算を発表し、金融株買いを後押しした面もある。

原油高でシェブロンなど石油株も高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続落した。前営業日の14日に比べ18.721ポイント(0.1%)安の1万3332.358で終えた。バイオ医薬や医療機器株が幅広く売られた。19日に決算発表を予定する動画配信のネットフリックスも安い。

半面、電気自動車のテスラやネット通販のアマゾン・ドット・コムなど大型株は総じて高い。半導体株の上げも目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン