/

米国株、ダウ反落し269ドル安 企業収益と景気に懸念 ナスダックも下落

【NQNニューヨーク=張間正義】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比269ドル24セント(0.8%)安の3万2910ドル90セントで終えた。欧州の金融大手クレディ・スイスが同日、2022年4~6月期に赤字に転落すると発表し、銀行株を中心に企業収益への警戒が広がった。経済協力開発機構(OECD)は8日、世界の経済成長率見通しを下方修正し、景気懸念も株売りを誘った。

クレディ・スイスはウクライナ戦争や主要国の金融引き締めを背景に企業の資金調達が低調になり、赤字に陥るという。欧州銀行株が下落し、米国でも業績懸念からゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースがともに2%下落した。アナリストが12月期通期の業績見通しを引き下げた半導体のインテルが5%強下落して終え、半導体関連株の売りを誘った。今週は企業業績の下振れを示す材料が相次いでいる。

景気冷え込みへの警戒も強い。OECDはウクライナ戦争によるエネルギーや穀物の価格上昇を理由に、22年と23年の世界の経済成長率の見通しを下方修正した。また、米抵当銀行協会が8日発表した週次調査で、住宅ローンの申請規模を示す総合指数が22年ぶりの低水準になった。

輸送株など景気敏感株が幅広く売られ、ダウ平均構成銘柄ではホームセンターのホーム・デポなど消費関連株の下げも目立った。半面、原油高を受けて石油のシェブロンが買われた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前日比88.961ポイント(0.7%)安の1万2086.271で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン