/

米国株、ダウ続伸し237ドル高 3週ぶり最高値 経済対策への期待で

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸し、前週末比237ドル52セント(0.8%)高の3万1385ドル76セントと、3週ぶりに過去最高値を更新した。米国の追加経済対策が早期に成立し、景気回復を後押しするとの期待から買いが優勢だった。経済対策の恩恵を受ける景気敏感株の上昇が目立った。

米民主党は財政調整法を活用して、単独で追加経済対策を成立させる手続きを進めている。市場では失業給付の特例措置などが失効する3月中旬より前に成立するとの見方が強まった。イエレン米財務長官は7日の米テレビ番組で、経済対策が成立すれば「2022年までに完全雇用を実現できる」と述べたことも、市場心理の改善につながった。

経済対策案に空運会社への新たな支援も含まれる見通しと伝わり、デルタ航空やユナイテッド航空ホールディングスなど空運株が軒並み大幅高となった。ダウ平均の構成銘柄では景気敏感株の上げが目立ち、金融のゴールドマン・サックスや建機のキャタピラー、航空機のボーイングが買われた。

米原油先物相場が昨年1月以来の高値に上昇し、石油のシェブロンは2%強上昇。今週に決算発表を控える銘柄にも好業績を期待した先回りの買いが入り、映画・娯楽のウォルト・ディズニーは5%高、ネットワーク機器のシスコシステムズは2%高で終えた。

ダウ平均は伸び悩む場面もあった。前週は1165ドル上昇し、週間の上げ幅としては昨年11月上旬以来の大きさとなった。目先の利益を確定する売りが出た。前週末に買いが目立ったスポーツ用品のナイキが安い。スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトは小幅高で終えたが、取引時間中は下げる場面が多かった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前週末比131.346ポイント(0.9%)高の1万3987.642と過去最高値を更新した。8日に15億ドルの暗号資産(仮想通貨)ビットコインの購入を明らかにした電気自動車のテスラが買われた。ビットコイン関連のサービス拡大に注力する決済サービスのペイパル・ホールディングスが大幅高となった。半導体関連株も軒並み高い。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は6日続伸し、前週末比28.76ポイント(0.7%)高の3915.59と過去最高値で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン