/

米国株、ダウ続伸し264ドル高 長期金利の上昇一服で ナスダックも続伸

【NQNニューヨーク=川内資子】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比264ドル36セント(0.8%)高の3万3180ドル14セントで終えた。米長期金利の上昇が一服し、ハイテク株への買い直しが優勢となった。企業収益への懸念から朝方には270ドルあまり下げる場面もあったが、午後にかけて水準を切り上げる展開で、この日の最高値圏で終えた。

米長期金利は7日未明に一時3.06%と5月半ば以来の高水準を付けたが、日中はおおむね2.9%台で推移した。長期金利の上昇一服で、金利上昇時に売られていたハイテク株が買い直された。顧客情報管理のセールスフォースが2%上昇し、スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフトも上げた。

中国の経済活動の正常化への期待から、建機のキャタピラーやスポーツ用品のナイキ、航空機のボーイングなど中国売上高比率が高い銘柄も買われた。アナリストが目標株価を引き上げた石油のシェブロンも高い。

朝方は売りが先行し、ダウ平均は下げて始まった。ターゲットが過剰在庫の処分を理由に2022年5~7月期予想の売上高営業利益率を大幅に引き下げ、他の小売り株に売りが広がった。ただ、売りの勢いは続かず、午後にかけて相場は堅調に推移した。市場では「悪材料が出たにもかかわらず相場の下値の堅さが確認され、買い安心感が広がった」(ボケ・キャピタル・パートナーズのキム・フォレスト氏)との指摘があった。

ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比113.862ポイント(0.9%)高の1万2175.232で終えた。交流サイトのメタプラットフォームズや動画配信のネットフリックスが上昇。エヌビディアなど半導体株も総じて高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン