/

米国株、ダウ続落し7ドル安 FRB高官のタカ派発言が重荷 ナスダックも下落

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続落し、前日比7ドル51セント(0.02%)安の3万3546ドル32セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)高官が金融引き締めに積極的な「タカ派」姿勢を示した。米長期金利が上昇し、株式の相対的な割高感を意識した売りが優勢となった。もっとも、好決算を発表した銘柄などが上昇し、取引終了にかけて下げ幅を縮小した。

セントルイス連銀のブラード総裁が朝の講演で、今の政策金利について「まだ十分に景気に制限的な水準に達していない」と述べ、一段の利上げの必要性を主張した。米長期金利が一時は3.80%と前日終値(3.69%)から上昇し、ダウ平均は午前に300ドル強下げる場面があった。

急速な金融引き締めが景気を冷やすとの見方から消費関連銘柄など景気敏感株の下げが目立った。映画・娯楽のウォルト・ディズニーやクレジットカードのアメリカン・エキスプレス、建機のキャタピラーが下落。金利上昇の局面で売られやすい高PER(株価収益率)のハイテク株の一角も下げ、顧客情報管理のセールスフォースが安かった。

売り一巡後は下げ渋り、ダウ平均は小幅高に転じる場面もあった。前日夕に2022年8~10月期決算とあわせて通期の業績見通しを上方修正したネットワーク機器のシスコシステムズが5%上げた。製薬のメルクなどディフェンシブ銘柄も買われ、指数を下支えした。市場では「FRBが12月の会合で利上げ幅を縮小するとの観測は根強く、取引終了にかけて買い直された」(Bライリーのアート・ホーガン氏)との指摘もあった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比38.701ポイント(0.3%)安の1万1144.958で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや電気自動車のテスラなど主力株の一角が下落し、指数を押し下げた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません