/

米国株、ダウ4日続伸し71ドル高 景気敏感株に資金移す流れ ナスダックは続落

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前週末比71ドル37セント(0.2%)高の3万4869ドル37セントで終えた。米国で新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあるなか、景気減速の懸念が薄れた。米長期金利や原油価格の上昇などを受け、グロース(成長)株から景気敏感株に資金を移す流れが強まった。

米長期金利が朝方に一時1.51%と前週末から0.06%上昇した。22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の翌日以降、長期金利の上昇基調が続く。利ざや拡大の観測から金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスが2%上昇。米原油先物が7月上旬以来の高値を付け、シェブロンなど石油株が上げた。

景気敏感株では化学のダウが5%高となり、建機のキャタピラーや航空機のボーイングなど資本財株の上げも目立った。新型コロナ感染が和らげば恩恵を受ける映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーも高い。ダウ平均は午前に一時263ドル高を付けた。

ただ、ダウ平均は取引終了にかけては伸び悩んだ。PER(株価収益率)が高く、長期金利が上昇すると相対的な割高感が意識されやすいグロース株が売られ、相場の重荷となった。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムとソフトウエアのマイクロソフトが2%安、スマートフォンのアップルは1%安となった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前週末比77.729ポイント(0.5%)安の1万4969.970で終えた。巨大ハイテク株のほか、半導体関連も総じて売られた。医療機器、バイオ製薬などの下げも指数の重荷だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン