/

米国株、ダウ続落し633ドル安 今年最大の下げ 投機的動きに警戒

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、前日比633ドル87セント(2.0%)安の3万0303ドル17セントと約3週ぶりの安値で終えた。下げ幅は今年最大。航空機のボーイングなど決算発表が嫌気された銘柄が売られ、相場の重荷となった。一部銘柄に対する個人投資家の投機的な動きも市場心理を冷やし、株売りを誘った。

ボーイングは4%下げた。27日発表した2020年10~12月期決算で最終赤字が前年同期の8倍に膨らみ、失望売りが出た。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は26日夕の決算発表時に「年前半は半導体の供給不足が続く」との見通しを会社が示し、6%強下落。インテルやエヌビディアなど半導体株に売りが波及した。

個人投資家の投機的な動きへの警戒も強まった。空売り残高が多い銘柄に買いを集団で仕掛け、売り方の買い戻しを狙う手法で実態とかけ離れた価格まで上げる中小型株が続出。その1つであるゲーム専門店のゲームストップ株で売り方のヘッジファンドが大規模な損失を計上したとの報道も出て、投資家心理に冷や水を浴びせた。

決算期待から最近まで買われた主力ハイテク株にも売りが広がり、アルファベットは5%安、フェイスブックは4%安で終えた。投資家心理を映す米株の変動性指数(VIX)は37.21と前日比で6割強上昇し、昨年11月上旬以来の高水準を付けた。

米連邦準備理事会(FRB)はこの日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利と量的金融緩和の現状維持を決めた。声明では景気認識をやや下方修正したが、相場への影響は限られたようだ。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比355.467ポイント(2.6%)安の1万3270.598で終えた。ナスダック指数の下げ幅も今年最大だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン