/

米国株、ダウ大幅反落し809ドル安 中国の都市封鎖拡大を警戒 ナスダック年初来安値

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反落し、前日比809ドル28セント(2.4%)安の3万3240ドル18セントと3月中旬以来の安値で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国がロックダウン(都市封鎖)を拡大する可能性が高まり、世界景気の減速やサプライチェーン(供給網)混乱への懸念が強まった。今週に相次ぐ大手ハイテク企業の決算を見極めたい投資も多く、買いが控えられた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は大幅反落し、前日比514.109ポイント(4.0%)安の1万2490.743で終えた。3月14日に付けた年初来安値を更新し、2020年12月以来の安値で終えた。下落率は今年最大だった。

中国では上海市に続いて北京市にもロックダウンが及ぶとの警戒感がある。供給網への悪影響や経済活動の停滞が業績の重荷となるとして、中国売上高比率が高いスポーツ用品のナイキが6%、航空機のボーイングが5%下げた。26日朝に発表した22年1~3月期決算で、供給制約が今後の業績の下振れ要因になると指摘した工業製品・事務用品のスリーエム(3M)は3%安で終えた。

高インフレに対応するために米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めペースを速めることへの警戒も相場の重荷だった。急激な引き締めが米景気を冷やすとの懸念から、クレジットカードのビザなど消費関連銘柄が下げた。

ハイテク株の売りも目立ち、ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルがともに4%下落した。決算を控えた売りに加え、金融引き締め局面で高PER(株価収益率)銘柄の割高感が強まりやすいことが売りを誘った。

ダウ平均は引けにかけて下げ幅を拡大し、この日の安値圏で終えた。指数を構成する30銘柄がすべて下げた。

ダウ平均の構成銘柄以外では電気自動車のテスラが12%安と急落した。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が短文投稿サイトのツイッター買収でテスラ株を売却して資金を調達するとの臆測が売りを誘った。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや動画配信のネットフリックスも大幅安だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン