/

米国株、ダウ続伸し82ドル高 主要3指数が最高値 好業績を期待した買い

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸し、前週末比82ドル76セント(0.2%)高の3万5144ドル31セントと過去最高値を更新した。朝方は中国当局によるネット企業などへの規制強化を懸念した売りが先行した。もっとも、今週は主力ハイテク株を中心に米企業の決算発表がピークを迎えるため、好決算を期待した買いが次第に優勢になった。

前週まで市場予想を上回る2021年4~6月期決算の発表が相次いだ。今週発表を控える銘柄も好決算が株価を押し上げるとの観測が強まった。週内に決算を発表する航空機のボーイングや石油のシェブロン、建機のキャタピラー、スマートフォンのアップルなどが買われた。26日の取引終了後に成長戦略の発表を控えた半導体のインテルは2%強上げた。

経済正常化の恩恵を受けやすい景気敏感株や消費関連株への買いも目立った。化学のダウや映画・娯楽のウォルト・ディズニーが高い。ダウ平均の構成銘柄以外では、クルーズ船株や空運株が軒並み買われた。

暗号資産(仮想通貨)のビットコイン価格が一時4万ドル台に上昇したことも、投資家のリスク選好の高まりを映し、株買いにつながったとの指摘があった。

ダウ平均は朝方は下げて始まった。中国当局が26日、ネット企業を対象に独占禁止法の順守やデータの安全など4分野に関して集中的に取り締まると発表した。同日の香港株や上海株が大幅に下げ、米国株にも重荷となった。今週は27~28日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える。テーパリング(量的緩和の縮小)の開始時期を見極めたい投資家が多く、積極的な買いが手控えられた面もあった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に5日続伸し、前週末比3.722ポイント高の1万4840.713と過去最高値を更新した。27日以降に決算発表を予定する検索サイトのアルファベットや交流サイトのフェイスブック、ネット通販のアマゾン・ドット・コムが上昇した。26日夕に決算発表を控えた電気自動車のテスラは2%高だった。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は、前週末比10.51ポイント(0.2%)高の4422.30と過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン