/

米国株、ダウ3日続落し177ドル安 小売売上高を嫌気 景気敏感株に売り

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比177ドル26セント(0.6%)安の3万0814ドル26セントで終えた。バイデン次期大統領が14日夜に1.9兆ドル規模の追加経済対策案を発表した。期待先行で相場は上昇していただけに、景気敏感株を中心に出尽くし感に伴う利益確定売りが優勢だった。2020年12月の米小売売上高が市場予想を下回ったのも、相場の重荷だった。

追加対策案を巡っては事前に2兆ドル規模になるとの観測報道もあり、サプライズ感は乏しかった。法案化を急ぐ構えだが、「トランプ米大統領の弾劾問題もあり、早期の成立が難しくなる可能性がある」(ナショナル・ホールディングスのアート・ホーガン氏)との指摘があった。

大型の経済対策への期待から上昇していた景気敏感株に利益確定の売りが出た。化学のダウや石油のシェブロン、航空機のボーイングなどが下落。取引開始前に20年10~12月期決算を発表したJPモルガン・チェースやシティグループ、ウェルズ・ファーゴなど金融株は軒並み下落した。

朝方発表の12月の小売売上高は前月比0.7%減と市場予想(0.1%減程度)よりも悪化し、3カ月連続で減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で消費者心理の冷え込みが鮮明となり、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや小売り最大手のウォルマートなどに売りが出た。

ダウ平均は午前中に370ドル強下げたが、午後に入り下げ幅を縮小した。米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和政策は長期化するとの見方が根強く、下がった場面では押し目買いが入りやすい。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数も続落し、前日比114.136ポイント(0.9%)安の1万2998.502で終えた。スマートフォンのアップルと電気自動車のテスラが下落。インテルやアプライドマテリアルズ(AMAT)など半導体関連株も下げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン