/

米国株、ダウ反落85ドル安 FOMC控え持ち高調整売り ナスダックは最高値

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前週末比85ドル85セント安(0.2%)安の3万4393ドル75セントで終えた。15~16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたい投資家が多く、経済再開の期待から上昇基調にあった消費関連株や景気敏感株に持ち高調整の売りが出た。一方。ハイテク株の一角は買われ、相場を下支えした。

FOMCでは量的緩和の縮小(テーパリング)の議論を始めるかどうかが注目されている。米連邦準備理事会(FRB)のゼロ金利政策は2023年までは続くとの見方が優勢だが、目前に迫ったFOMCの結果を確認したい投資家が多い。

消費関連株や景気敏感株が持ち高調整の売りに押され、ホームセンターのホーム・デポやクレジットカードのビザ、ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが安い。化学のダウと航空機のボーイングも下げた。21年12月期通期の純金利収入見通しを引き下げたJPモルガン・チェースは2%安だった。

もっとも、米長期金利は1.5%前後で落ち着いており、高PER(株価収益率)銘柄が多いハイテク株への買いが続いた。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムとスマートフォンのアップルは2%上昇した。

ダウ平均の構成銘柄以外では交流サイトのフェイスブック、ネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株は軒並み上昇。動画配信のネットフリックスも2%高だった。暗号資産(仮想通貨)のビットコイン価格が4万ドル台を一時回復し、ビットコインの保有が多い電気自動車のテスラや決済サービスのスクエアも上げた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前週末比104.720ポイント(0.7%)高の1万4174.143で終えた。4月26日以来、1カ月半ぶりに過去最高値を更新した。

機関投資家が運用の参考にするS&P500種株価指数は前週末比7.71ポイント(0.2%)高の4255.15で終え、連日で過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン