/

米国株、ダウ6日ぶり小反落で23ドル安 ハイテク株に売り ナスダックも反落

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に6営業日ぶりに反落し、前日比23ドル34セント(0.1%)安の3万4577ドル04セントで終えた。市場予想を上回る米経済指標が相次ぎ、長期金利が上昇した。これを受けて金融株が買われた半面、高PER(株価収益率)のハイテク株が売られて相場の重荷となった。

5月のADP全米雇用リポートで、非農業部門雇用者数は前月比97万8000人増と市場予想(68万人増)以上に増えた。米労働省が発表した週間の新規失業保険申請件数は前週比で市場予想以上に減り、5月のサプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数は過去最高を更新した。良好な経済指標が相次ぎ、4日発表の5月の雇用統計が米労働市場の順調な回復を示すとの見方を誘った。

3日の米債券市場で長期金利が1.6%台に上昇した。高PERのハイテク株が割高感から売られ、ダウ平均の重荷となった。顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムは2%安、スマートフォンのアップルは1%下げた。インテルなど半導体株も総じて安い。このところ株価が上昇していた航空機のボーイングやクレジットカードのビザなど景気敏感株の一角も売られた。

一方、長期金利の上昇を受け、利ざや拡大の見方からゴールドマン・サックスなど金融株が買われて相場を支えた。化学のダウも上げた。

米ワシントン・ポスト(電子版)が「バイデン米政権がインフラ投資計画を巡る米議会共和党との協議で、財源となる連邦法人税の引き上げで譲歩する姿勢を示した」と報じた。増税が米企業収益を圧迫するとの懸念がやや和らぎ、ダウ平均は上げに転じる場面もあった。

ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は反落し、前日比141.820ポイント(1.0%)安の1万3614.507で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや電気自動車(EV)のテスラなど高PER銘柄が下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン