/

米国株、ダウ3日続伸し196ドル高 S&P500種は過去最高値 オミクロン型への懸念後退

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比196ドル67セント(0.6%)高の3万5950ドル56セントで終えた。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染による入院や重症化のリスクが低いとの調査結果が相次ぎ、投資家心理の改善につながった。機械や素材など景気敏感株を中心に買いが入った。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3日続伸し、前日比29.23ポイント(0.6%)高の4725.79で終えた。2週間ぶりに過去最高値を更新した。

オミクロン型の感染について21~22日に英国で2件、南アフリカで1件の調査結果が公表され、いずれもデルタ型など他の変異型に比べ入院や重症化のリスクが大幅に低いことが示された。厳しい行動制限が課されて経済活動が停滞することへの警戒感が後退した。

コロナ治療薬への期待も相場を押し上げた。米食品医薬品局(FDA)は23日、製薬のメルクなどが開発した新型コロナ飲み薬の緊急使用を承認した。22日のファイザー製に続く承認となった。

景気敏感株が買われ、建機のキャタピラーや機械のハネウェル・インターナショナル、航空機のボーイングが上昇した。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスと映画・娯楽のウォルト・ディズニーなどの消費関連株も高い。長期金利の上昇で利ざやの改善期待が高まりJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスも買われた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前日比131.482ポイント(0.8%)高の1万5653.374で終えた。電気自動車のテスラが6%高となり、指数上昇をけん引した。アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)やエヌビディアなど半導体関連も買われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン