/

米国株、ダウ小反発し17ドル高 終了間際に急速に伸び悩む ナスダックは1%強下落

【NQNニューヨーク=横内理恵】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前週末比17ドル27セント高の3万5619ドル25セントで終えた。バイデン米大統領が22日朝に米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長を再任する方針を発表し、金融政策を巡る不透明感の後退を好感した買いが優勢だった。米長期金利の上昇で高PER(株価収益率)のハイテク株に売りが広がると、ダウ平均は午後に急速に伸び悩んで終えた。

パウエル議長は来年2月に1期目の任期を終える。議長候補に挙がっていたブレイナードFRB理事は副議長に指名される見通しとなった。米経済は依然として新型コロナウイルスからの回復途上にあり、足元は供給制約などによるインフレ圧力も強まっている。コロナ対応での実績が高く評価されているパウエル氏が続投する公算が高まり、株の買い安心感につながった。

ダウ平均は320ドルあまり上げる場面があった。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株が総じて買われた。銀行規制の強化に前向きとみられるブレイナード氏がFRB議長に選ばれなかったことが買いを誘った。前週に下げが目立った石油株なども買い直された。

ただ、ダウ平均は引け間際に急速に伸び悩んだ。米長期金利が一時、前週末比0.08%高い1.63%まで上昇した。相対的な割高感が強まる高PER銘柄への売りが強まり、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトが下げた。

中型旅客機「787」の出荷再開への不透明感から航空機のボーイングが売られた。クレジットカードのビザやアメリカン・エキスプレス(アメックス)も下げ、ダウ平均の重荷となった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前週末比202.681ポイント(1.3%)安の1万5854.757で終えた。前週に上げた主力ハイテク株の一角に利益確定売りが出た。ネット通販のアマゾン・ドット・コムと動画配信のネットフリックスがともに3%安と下げが目立った。画像処理半導体のエヌビディアは上場来高値を付けた後、売りに押されて下げて終えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン