/

米国株、ダウ続伸し229ドル高 ドル高一服が追い風 ナスダックも4日続伸

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前週末比229ドル63セント(0.7%)高の3万2381ドル34セントで終えた。ドル高の一服で外需企業の収益悪化懸念が薄れたほか、13日に発表される8月の米消費者物価指数(CPI)がインフレピークアウトを示すとの期待が買いを支えた。アップルが大幅高となったのもダウ平均を押し上げた。

ダウ平均は直近4営業日で1236ドル上昇し、8月中旬の高値からの下落幅の4割強を取り戻した。

8月のCPIは市場予想平均で前年同月比8%上昇と、7月(8.5%上昇)から伸びが鈍る見込み。前月比では小幅の低下が予想されている。インフレ減速観測が強まるとの期待が株買いを後押しした。もっとも、エネルギーと食品を除くコア指数は高止まりを示す可能性がある。発表後の株式相場の反応が読みにくい面もあり、ダウ平均は伸び悩む場面もあった。

ドルの下落も株買いを誘った。ドルの総合的な強さを示すインターコンチネンタル取引所(ICE)算出のドル指数は前週7日に20年ぶりの高値を付けたが、その後は下落基調が続いている。市場では「(ハイテクなど)海外事業の比率が高い企業の収益圧迫の懸念が後退し、買い安心感が出た」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との指摘があった。

今月発売する新型「iPhone14」の需要が強いと複数のアナリストが指摘したスマートフォンのアップルが4%高となり、相場上昇をけん引した。米原油先物相場の上昇で石油のシェブロンが買われ、原油高の局面で買われやすい建機のキャタピラーも高い。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど消費関連株も買われた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前週末比154.104ポイント(1.3%)高の1万2266.411で終えた。アップルに加え、ネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力株が上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン