/

米国株、ダウ続伸し126ドル高 主要3指数が最高値 決算期待で金融株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比126ドル02セント(0.4%)高の3万4996ドル18セントと連日で過去最高値を更新した。今週から2021年4~6月期決算の発表シーズンが始まる。先陣を切る大手金融株を中心に決算発表に先回りした買いが入った。米長期金利の低下に一服感が広がったことも、市場心理の改善につながった。

経済活動の再開を背景に米主要企業の4~6月期は好業績が見込まれている。13日に決算を発表する金融のゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースが買われた。長期金利が小幅に上昇する場面があり、利ざや悪化懸念が和らいだことも金融株の上昇につながった。ダウ平均の構成銘柄以外では銀行のバンク・オブ・アメリカやシティグループが高い。

金融株以外の景気敏感株にも買いが入った。半導体のインテルやクレジットカードのアメリカン・エキスプレス、建機のキャタピラーが高い。映画最新作の週末の興行収入が好調だったと発表した映画・娯楽のウォルト・ディズニーが4%強上げ、ダウ平均を押し上げた。

ただ、相場の上値は重かった。ダウ平均は前週末に448ドル上昇し、高値警戒感がくすぶった。前週末に上昇した航空機のボーイングや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)は利益確定売りに押された。長期金利の低下が一服する中、スマートフォンのアップルなど主力ハイテク株の一角も下げた。

13日に6月の米消費者物価指数(CPI)の発表、14日に米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言が予定されている。これらの内容を見極めたい投資家が多く、積極的な取引が手控えられた面もあった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前週末比31.321ポイント(0.2%)高の1万4733.240と過去最高値を更新した。ネット検索のアルファベットや交流サイトのフェイスブックが高い。ドイツでの電気自動車(EV)購入の助成金制度の延長が追い風になるとの見方からEVのテスラは4%高となった。エヌビディアなど半導体関連株も買われた。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は前週末比15.08ポイント(0.3%)高の4384.63と過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン