/

米国株、ダウ続落し505ドル安 FRB議長会見で金融引き締め警戒強まる ナスダックも大幅安

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比505ドル44セント(1.5%)安の3万2147ドル76セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が同日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で「政策金利の最終的な水準は従来の予想より高くなる」との見通しを示した。利上げが一段と進み、金融引き締めが長引くと警戒する売りが広がった。

FRBは4会合連続で通常の3倍にあたる0.75%の利上げを決めた。声明では「金融引き締めの経済への影響を検証する」といったん利上げペースを緩める方針を示唆した。これを好感し、ダウ平均は一時418ドル上昇した。

だが、パウエル議長の記者会見中に相場は下げに転じた。議長は政策金利を9月会合時の政策金利見通し(ドットプロット)で示した以上に引き上げる可能性があると指摘。「利上げ停止の検討はかなり時期尚早」とも述べ、市場の政策転換への期待を強くけん制した。市場では「議長会見でFRBは強いタカ派姿勢を維持していることがわかった」(CFRAのサム・ストーバル氏)との指摘があった。

米長期金利が4.1%台と前日終値(4.04%)から上昇し、株式の相対的な割高感が意識されたのも重荷だった。長期金利の上昇局面で売られやすい高PER(株価収益率)銘柄のハイテク株が大幅に下げ、顧客情報管理のセールスフォースが6%安、スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトは4%安だった。消費関連銘柄など景気敏感株にも売りが広がった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数も3日続落し、前日比366.049ポイント(3.4%)安の1万0524.797で終えた。ネット検索のアルファベットや電気自動車のテスラなど主力ハイテク株が軒並み下げた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません