/

米国株、ダウ続落し326ドル安 主要3指数が年初来安値 金融引き締め懸念強まる

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、前日比326ドル63セント(1.0%)安の3万1834ドル11セントで終えた。連日で年初来安値を更新した。11日発表の4月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めを警戒した売りが強まった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は前日比373.435ポイント(3.2%)安の1万1364.236で終え、多くの機関投資家が運用の指標にするS&P500種株価指数は前日比65.87ポイント(1.6%)安の3935.18で終えた。いずれも年初来安値を更新した。

4月のCPIは前年同月比8.3%上昇し、上昇率は市場予想(8.1%)を上回った。食品とエネルギーを除くコア指数も上昇率は6.2%と市場予想(6.0%)以上だった。「長期的なインフレの高止まりが意識され、FRBの金融引き締めを後押しする内容だった」(インガルズ・アンド・スナイダーのティモシー・グリスキー氏)との指摘があった。

金利上昇局面で相対的な割高感が意識される高PER(株価収益率)のハイテク株が売られた。スマートフォンのアップルが5%安、顧客情報管理のセールスフォースは4%安で終えた。ダウ平均の構成銘柄以外では電気自動車のテスラが8%安、半導体のエヌビディアが5%安と下げが目立った。

インフレが消費を冷やすとの見方も強まり、映画・娯楽のウォルト・ディズニーやクレジットカードのアメリカン・エキスプレス、スポーツ用品のナイキなど消費関連株も下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン