/

米国株、ダウ反発し36ドル高 物価指標の発表控え様子見 ナスダックは連日の年初来安値

【NQNニューヨーク=戸部実華】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比36ドル31セント(0.1%)高の2万9239ドル19セントで終えた。12日以降に重要な米物価指標の発表を控え、様子見姿勢が強かった。短期的な戻り期待の買いでダウ平均は400ドルあまり上昇する場面もあったが、取引終了にかけて伸び悩んだ。

12日に9月の米卸売物価指数(PPI)、13日に米消費者物価指数(CPI)が発表される。市場予想を上回る上昇になれば利上げ観測の高まりから株は一段安となる公算が大きいが、市場予想を下回れば一時的に買い直されそうだ。発表後の相場の反応が読みにくく、積極的な売買は手控えられた。

ダウ平均は400ドル強上げる場面もあった。前日までの4営業日で1100ドルほど下げており、自律反発を期待した買いが入った。ニューヨーク連銀が11日に発表した9月の消費者調査で1年先の予想物価上昇率が5.4%と昨年9月以来の低さとなり、市場心理の改善につながったとの見方もあった。

個別銘柄ではアナリストが投資判断を引き上げたバイオ製薬のアムジェンが6%高で終えた。消費関連株の一角も買われ、小売りのウォルマートやスポーツ用品のナイキが高い。半面、米長期金利の上昇で相対的な割高感が意識された高PER(株価収益率)のハイテク株は売りが優勢だった。顧客情報管理のセールスフォースが2%安、ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルも下げた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5日続落した。前日比115.910ポイント(1.1%)安の1万0426.192で終え、連日で年初来安値を更新した。交流サイトのメタプラットフォームズと動画配信のネットフリックスの下げが目立った。半導体関連株も連日売られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません