/

米国株、ダウ続伸し13ドル高 景気回復期待で消費関連に買い ナスダックも高い

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、前日比13ドル36セント高の3万4479ドル60セントで終えた。景気回復期待から消費関連株に買いが入り、指数を押し上げた。ただ、ダウ平均は過去最高値圏にあり、高値警戒感からの売りも出て上値は重かった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、投資家の様子見姿勢も強かった。

米国では新型コロナウイルスのワクチン普及による雇用回復を背景とした景気改善が続いている。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスやホームセンターのホーム・デポ、スポーツ用品のナイキなど消費関連銘柄の上げが目立った。前日まで下落が続いていた金融のゴールドマン・サックスは5営業日ぶりに反発した。

ダウ平均は下げる場面もあった。朝方には買いが先行した建機のキャタピラーや航空機のボーイングなど景気敏感株の一角が次第に売りに押された。医薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンも下落した。米食品医薬品局(FDA)が11日、同社の数百万回分の新型コロナワクチンを廃棄するよう求めたのが嫌気された。

15~16日開催のFOMCを巡っては、量的金融緩和の縮小(テーパリング)の議論開始について新たな言及があるかどうかが注目される。併せて発表される経済と政策金利の見通しについても関心が高く、積極的な売買は見送られた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比49.090ポイント(0.4%)高の1万4069.423で終えた。スマートフォンのアップルが上昇した。自動運転向け地図作製の新興企業の買収を発表したエヌビディアが上場来高値を更新した。

機関投資家が運用の参考にするS&P500種株価指数は前日比8.26(0.2%)高の4247.44で終え、連日で過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン