/

米国株、ダウ反落し149ドル安 アマゾン急落で投資家心理が悪化 ハイテク株安目立つ

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比149ドル06セント(0.4%)安の3万4935ドル47セントで終えた。29日夕に四半期決算を発表したネット通販のアマゾン・ドット・コムが急落し、投資家心理が悪化。主力ハイテク株に売りが波及したほか、月末とあって持ち高調整の売りが景気敏感株の一角に目立った。

アマゾンの2021年4~6月期決算は売上高が18年7~9月期以来、11四半期ぶりに市場予想を下回った。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴い経済活動の正常化が進んだ結果、本業のネット通販の増収率が鈍化した。7~9月期業績も伸び率が低下するとの見通しを示し、株価は8%下げた。ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムなど主力ハイテク株に売りが波及。ダウ平均の構成銘柄以外ではグーグルの親会社アルファベットと交流サイトのフェイスブックが下落した。

30日発表の四半期決算で売上高総利益率の低下見通しを示した建機のキャタピラーが3%下げた。航空機のボーイングや映画・娯楽大手ウォルト・ディズニー、化学のダウなど景気敏感株の一角には、月末を控えた持ち高調整の売りも出た。

一方、朝方発表の四半期決算が市場予想を上回った日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は2%上昇した。6月の米個人消費支出の伸びが市場予想を上回ったことから、スポーツ用品のナイキや小売り最大手のウォルマートなど一部の消費関連銘柄が上昇した。

7月のダウ平均は2カ月ぶりに上昇し、月間では432ドル(1.3%)高となった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落し、前日比105.586ポイント(0.7%)安の1万4672.678で終えた。エヌビディアやクアルコムなど半導体株の一角が下げた。

ナスダックは7月に2カ月連続で上昇し、月間では168ポイント(1.2%)高となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン