/

米国株、ダウ続落614ドル安 中国恒大問題を懸念 ナスダックも大幅安

【NQNニューヨーク=張間正義】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に3日続落し、前週末比614ドル41セント(1.8%)安の3万3970ドル47セントと2カ月ぶりの安値で終えた。中国の不動産大手、中国恒大集団の経営不安の高まりを背景にリスク回避の動きが広がった。資本財や金融など景気敏感株に加え、主力ハイテク株が売られた。21~22日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒も重なり、ダウ平均の下げ幅は一時971ドルに達した。

過剰債務で資金繰り不安が強まる中国恒大の株価が20日、香港市場で一時2割近く下げた。香港ハンセン指数は3.3%安で終えた。中国の金融や不動産市場の混乱が海外にも波及する可能性が意識され、欧米株相場の下げにつながった。市場心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は一時28.79と5月以来の高さに上昇し、投資家の先安懸念を映した。

テクニカル上の「売りシグナル」が下げに拍車を掛けたとの指摘もあった。S&P500種株価指数が50日移動平均線(17日終値で4436)を明確に下回った。同平均線は今年に入って一貫して下値支持線となってきただけに、トレンド追従型ファンドの売りを招いたようだ。S&P500種は前週末比75.26ポイント(1.7%)安の4357.73で終えた。

個別では中国売上高が大きい資本財や素材株の下げが目立ち、建機のキャタピラーは4%安、化学のダウは3%安で終えた。中国発の金融リスクを警戒してJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスなど金融株も幅広く売られた。投資家のリスク回避志向を映し、主力ハイテク株も利益確定売りに押され、スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトはともに2%安で終えた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に続落し、前週末比330.065ポイント(2.2%)安の1万4713.903で終えた。中国本土の売上高が多い電気自動車のテスラが4%下落した。交流サイトのフェイスブックやネット検索のアルファベット、ネット通販のアマゾン・ドット・コムもそろって下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン