/

米国株、ダウ続落し256ドル安 世界のコロナ感染拡大で景気敏感株に売り

【NQNニューヨーク=古江敦子】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比256ドル33セント(0.8%)安の3万3821ドル30セントで終えた。新興国を中心に世界の新型コロナウイルス感染者数の増加基調が続き、世界景気の足を引っ張りかねないとの見方から景気敏感株を中心に売りが広がった。

インドや中南米では新型コロナの感染再拡大が深刻化し、世界の感染者数は過去最多水準に達している。海外での事業比率が高い銘柄が売られ、航空機のボーイングが4%安となり、化学のダウは3%下げた。長期金利が低下し、金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースも売られた。アナリストが投資判断を引き下げたスポーツ用品のナイキも大幅安となった。

米国務省が世界のコロナ感染の再拡大に対処し、より厳格な渡航勧告を週内に発表する見通しと19日夜に伝わった。19日夕に発表した1~3月期決算が5四半期連続の最終赤字となったユナイテッド航空ホールディングスが9%下げた。他の空運株やクルーズ船株にも売りが波及し、旅行・レジャー関連株は総崩れだった。

来週に1~3月期決算の発表を控えるソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルも持ち高調整の売りに押された。市場では「米景気回復と企業業績への期待で相場は上がりすぎていたため、利益確定の売りが出やすい」(CFRAのサム・ストーバル氏)との声が聞かれた。ダウ平均の構成銘柄以外では、エヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)など半導体銘柄への売りも目立った。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比128.497ポイント(0.9%)安の1万3786.268で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン