/

米国株、ダウ大幅反発し1201ドル高 CPI鈍化を好感 ナスダック7%高

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発し、前日比1201ドル43セント(3.7%)高の3万3715ドル37セントと8月中旬以来の高値で終えた。2020年4月以来の上げ幅。朝方発表の10月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが市場予想を下回った。インフレのピークアウトが意識され、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを緩めるとの見方が広がった。米金利が低下し、株式の相対的な割高感が薄れたことも買いを後押しした。

10月のCPIはエネルギー・食品を除くコア指数が前年同月比6.3%上昇と伸びが9月(6.6%)から減速し、市場予想(6.5%)を下回った。インフレ鈍化を示したと受け止められ、FRBが12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ幅をこれまでの0.75%から0.5%に縮小するとの観測が強まった。利上げ減速で米景気の過度の悪化が免れるとの見方も投資家心理を支えた。

米長期金利は午後の取引時間中に一時3.81%を付け、前日終値(4.08%)から急低下した。金利低下で相対的な割高感が薄れた高PER(株価収益率)のハイテク株などを中心に買いが広がった。外国為替市場でドルが急落したのも海外売上高の大きいハイテク株の買い安心感につながった。米国株の底入れが近いとの見方も押し目買いを誘った。

顧客情報管理のセールスフォースやソフトウエアのマイクロソフト、スマートフォンのアップルなどが大幅上昇した。インフレが消費を冷やすとの懸念が和らぎ、ホームセンターのホーム・デポやスポーツ用品のナイキなど消費関連銘柄の上げも目立った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は急反発し、前日比760.972ポイント(7.4%)高の1万1114.147で終えた。上昇率としては20年3月以来の大きさだった。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや交流サイトのメタプラットフォームズ、半導体のエヌビディアなどが急伸した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません