/

米国株、ダウ反落し34ドル安 ハイテク株に売り ナスダック大幅安

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反落し、前週末比34ドル94セント(0.1%)安の3万4742ドル82セントで終えた。新型コロナワクチンの普及による景気回復への期待から買いが先行し、一時は300ドルあまり上昇した。ただ、主力ハイテク株への売りが止まらず相場は午後に伸び悩み、ダウ平均は取引終了間際に下げに転じた。

前週末発表の4月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を大幅に下回った。米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和を早期に縮小するとの観測が後退したものの、米景気への楽観自体は変わっていない。米国では政府の大型の経済対策に加え、新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、経済正常化を後押しするとの期待が強いためだ。景気敏感株が買われやすく、工業製品・事務用品のスリーエムや建機のキャタピラーが上昇した。

米最大級の石油パイプラインが7日のサイバー攻撃の影響で主要ラインの操業を停止している。週末に再開する見通しが伝わったが、供給不安によるエネルギー価格の上昇が見込まれ、シェブロンなど石油株も上げた。

ダウ平均は午前中に一時313ドル高となり過去最高値を上回ったが、午後に急速に伸び悩んだ。景気回復や金利先高感を背景に、相対的に割高感が強いハイテク株の保有を減らし、景気敏感株にシフトする流れが強まった。米長期金利が再び1.6%台に上昇したことも、ハイテク株売りを招いたようだ。

スマートフォンのアップルが3%下げ、ソフトウエアのマイクロソフトが2%下落した。ダウ平均の構成銘柄以外ではアナリストが投資判断を引き下げた交流サイトのフェイスブックが4%安となった。電気自動車のテスラが6%下げ、エヌビディアなど半導体銘柄も軒並み売られた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前週末比350.379ポイント(2.5%)安の1万3401.858で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン