/

米国株、ダウ3日続伸し315ドル高 ハイテク決算を好感 ナスダックは月間で20年4月以来の高い上昇率

【NQNニューヨーク=横内理恵】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比315ドル50セント(1.0%)高の3万2845ドル13セントと6月上旬以来の高値で終えた。前日夕に発表したハイテク大手の決算が堅調だったと受け止められ、投資家心理が一段と改善した。原油高を受けて29日朝発表の決算が大幅増収増益となった石油のシェブロンも買われ、ダウ平均を押し上げた。

7月のダウ平均は6.7%上昇し、2020年11月以来の高い上昇率となった。ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前日比228.095ポイント(1.9%)高の1万2390.688で終えた。月間上昇率は12.3%と、20年4月以来の大きさだった。

市場予想を上回る決算が目立ち、業績悪化への過度の警戒感が和らいでいる。「決算シーズン前に持ち高を売りに傾けていた投資家の買い戻しが膨らんでいる」(Bライリーのアート・ホーガン氏)との指摘があった。景気減速が強まるようなら、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの見方も投資家心理を支えた。

相場をけん引したのはハイテク大手だ。前日夕に市場予想を上回る決算を発表したスマートフォンのアップルが3%上昇。ダウ平均の構成銘柄ではないが、前日夕の決算で売上高が市場予想を上回ったネット通販のアマゾン・ドット・コムは10%高で終えた。

石油株も買われ、シェブロンは9%高で終えた。来週に決算を発表する建機のキャタピラーも資源高が業績の追い風になりやすく、石油株の連想買いで6%高で終えた。

一方、28日夕発表の決算が市場予想を大幅に下回り、最終赤字に転落した半導体のインテルは9%近く下げた。決算と併せてドル高や原材料高が収益を圧迫するとの見方を示した日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)も6%下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン