/

米国株、ダウ3日続落し653ドル安 主要3株価指数が年初来安値 インフレや金融引き締めを警戒

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に3日続落した。前週末比653ドル67セント(2.0%)安の3万2245ドル70セントで終え、3月8日以来となる年初来安値を更新した。インフレや米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めを警戒した売りが続いた。米長期金利が早朝に3.2%と2018年11月以来の水準に上昇したのも株売りを誘った。最近の株価急落で「追い証を迫られた投資家の投げ売りが出た」との指摘も聞かれた。

ダウ平均を含む主要3株価指数がいずれも年初来安値を更新した。ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は3日続落し、前週末比521.414ポイント(4.3%)安の1万1623.248で終えた。S&P500種株価指数は前週末比132.10ポイント(3.2%)安の3991.24で終えた。終値で4000を下回ったのは2021年3月以来だ。

前週末発表の4月の米雇用統計は労働需給の逼迫と賃金上昇の高止まりを示した。今週は11日に4月の米消費者物価指数(CPI)の発表を控える。市場予想では前年同期比では伸びが和らぐとみられているが高水準のインフレが続き、FRBの金融引き締め方針に変化はないとの見方が多い。急速な金融引き締めが米景気を冷やすとの懸念もくすぶり、市場心理の重荷だった。

海外の売り材料も重なった。9日発表の中国の4月の貿易統計で輸出の伸びが大幅に鈍化した。新型コロナウイルス感染拡大を抑制するための都市封鎖や行動制限が中国経済の足かせになり、世界的なサプライチェーン(供給網)の混乱が続くとの見方が広がった。長期化するウクライナ戦争の欧州経済への悪影響を懸念する声もあった。

売りが売りを呼ぶ展開となる中、市場では「信用取引の買い方が追い証を払えず、強制的に売らざるを得ない状況になっている」(ダコタ・ウェルス・マネジメントのロバート・パブリック氏)との指摘があった。投資家心理を測る指標である米株の変動性指数(VIX)は前週末比15%ほど高い34台で終えた。

業績が中国や世界景気の影響を受けやすい銘柄の下げが目立った。中国売上高が多い航空機のボーイングが10%安と急落、建機のキャタピラーも4%安で終えた。米原油先物相場が大幅に下げ、石油のシェブロンは7%安となった。インフレが消費を抑えるとの見方から消費関連株も売られ、クレジットカードのビザは5%安、同業のアメリカン・エキスプレスは4%安となった。

早朝の長期金利上昇を嫌気し、高PER(株価収益率)のハイテク株も軒並み売られた。ソフトウエアのマイクロソフトと顧客情報管理のセールスフォースが4%安、スマートフォンのアップルは3%安となった。

ダウ平均の構成銘柄以外では半導体株への売りが目立ち、エヌビディアとアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は9%安となった。電気自動車のテスラも9%安、ネット通販のアマゾン・ドット・コムは5%安と下げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン