/

米国株、ダウ6日続伸し90ドル高 1カ月半ぶりに過去最高値更新 消費関連株が高い

【NQNニューヨーク=張間正義】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸し、前日比90ドル42セント(0.2%)高の3万6488ドル63セントで終えた。11月8日以来、1カ月半ぶりに過去最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大による米景気への悪影響は限られるとの見方から、消費関連株などへの買いが続いた。

ダウ平均の6日続伸は3月5~15日(7日続伸)以来となる。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は反発し、前日比6.71ポイント(0.1%)高の4793.06で終えた。ダウ平均と並んで過去最高値を更新した。

米国では新型コロナの変異型「オミクロン型」の感染拡大で、1日あたりの感染者数が足元で過去最多となっている。英国やフランスでも急増している。一方、重症化リスクは低いとの認識が広がり、株式市場では「米経済成長に大きく影響するものではなく、パンデミック(世界的流行)の終息を早める」との声もあった。

スポーツ用品のナイキやドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンス、ホームセンターのホーム・デポなど消費関連株が高い。化学のダウや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など景気敏感株の一角も買われた。一方、航空機のボーイングと石油のシェブロンは下げた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に続落し、前日比15.508ポイント(0.1%)安の1万5766.216で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムとメタプラットフォームズ(旧フェイスブック)が安い。一方、バイオ製薬のバイオジェンが急伸した。韓国サムスングループが買収する方向で交渉中との観測報道が材料視された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン