/

米国株、ダウ小反落9ドル安 利益確定売り ナスダックは初の1万4000台

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに小反落し、前日比9ドル93セント安の3万1375ドル83セントで終えた。ダウ平均は過去6日間で1403ドル上昇し、前日には3週ぶりに過去最高値を更新した。このため、上昇をけん引してきた景気敏感株に利益確定売りが出た。一方、米民主党が単独で大型の経済対策を成立させるとの観測が買いを支えた。

連日の上昇で短期的な過熱感が出ていた銘柄中心に利益確定売りが出た。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや化学のダウなど景気敏感の一角が下落。米長期金利の上昇が一服し、JPモルガン・チェースなど銀行株も下げた。

もっとも、経済対策への期待を支えに相場の下値は堅かった。バイデン米大統領は総額1.9兆ドルの経済対策を1月に発表した。当初は共和党の抵抗で1兆ドル前後に縮小するとみられていたが、財政調整法を使い民主党単独で成立させるとの見方が増えている。市場では、高所得者向けの現金給付が制限される可能性もあるが「1.7兆ドルで3月末までに成立する」(米国野村証券)との予想も出ている。

ダウ平均の構成銘柄では、景気敏感株に出遅れていた外食のマクドナルド、医療保険のユナイテッドヘルス・グループなどディフェンシブ株の上げが目立った。

中小型株で構成する株価指数のラッセル2000は連日で過去最高値を更新。相場の過熱感が警戒されるなかでも、経済対策や新型コロナウイルスのワクチン普及で相場底上げが進んでいるとの見方もあった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比20.055ポイント(0.1%)高の1万4007.697と初めて1万4000台に乗せて終えた。ソフトウエアのマイクロソフトや交流サイトのフェイスブック、動画配信のネットフリックスの上げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン