/

米国株、ダウ続伸し191ドル高 FOMC議事要旨の公表後に買い強まる ナスダックは反発

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比191ドル66セント(0.6%)高の3万2120ドル28セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が午後に公表した5月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨は市場の想定内の内容と受け止められた。注目されたイベントを無難に通過し、最近の相場下落で生じた割安感や値ごろ感に着目した買いが優勢になった。

議事要旨では大半の参加者が今後数回の会合でも「0.5%の利上げが適切になるだろう」とみていた。物価を安定させるため、参加者は利上げと資産圧縮の両輪で「金融政策を早急に中立的なスタンスに移行させるべきだ」との見方で合意したこともわかった。

市場では「タカ派政策への警戒を強める新たな内容はなく、安堵感からの株買いを誘った」(グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツのウォルター・トッド氏)との声が聞かれた。金融引き締めが米景気を冷やすとの懸念は強いが、ダウ平均は前週まで8週連続で下げており、幅広い銘柄に押し目買いが入りやすかった。

前日に業績懸念から下げが目立ったハイテク株が買い直され、市場心理が改善した面もあった。ダウ平均の構成銘柄では顧客情報管理のセールスフォースが2%高で終え、ソフトウエアのマイクロソフトも高い。

消費関連株や景気敏感株も買い直された。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが3%高となり、ホームセンターのホーム・デポや映画・娯楽のウォルト・ディズニーの上げも目立った。航空機のボーイングや建機のキャタピラーは2%上昇した。原油高を受け、石油のシェブロンも買われた。

半面、前日に上げが目立ったディフェンシブ株は一転して売りが優勢だった。日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、日用品・医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、製薬のメルクが下げた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比170.293ポイント(1.5%)高の1万1434.741で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムは3%高、交流サイトのメタプラットフォームズも反発した。電気自動車のテスラは5%高、取引終了後に決算発表を控えていた画像処理半導体のエヌビディアは5%高となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン