/

米国株、ダウ反落し12ドル安 利益確定売り優勢 ハイテク株高は支え

【NQNニューヨーク=戸部実華】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3営業日ぶりに反落し、前日比12ドル37セント安の3万1176ドル01セントで終えた。前日に過去最高値を更新し、利益確定売りが取引終了にかけて強まった。ただ、主力ハイテク株に決算期待の買いが連日で入り、相場を下支えした。バイデン新政権による新型コロナウイルス感染抑制策も経済正常化への期待を高め、下値は堅かった。

このところ買われてきた景気敏感株を売り、ハイテク株に資金を移す動きが広がった。景気敏感株ではクレジットカードのアメリカン・エキスプレスや銀行のJPモルガン・チェース、航空機のボーイングが利益確定売りに押され、ダウ平均の重荷となった。アナリストが投資判断を引き下げた石油のシェブロンは4%安と下げが目立った。

一方、主力ハイテクは連日で買いが優勢だった。来週以降に2020年10~12月期決算の発表を控え、市場予想を上回る内容を見込んだ買いが入った。アナリストが目標株価を引き上げたスマートフォンのアップルが4%高、ネット通販のアマゾン・ドット・コムや交流サイトのフェイスブックの上げも目立った。21日夕に決算発表を控えた半導体のインテルは6%高となり、エヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)など他の半導体株にも買いが広がった。

ハイテク株がけん引し、ダウ平均は取引終了間際までは前日終値を上回って推移する場面が目立った。バイデン米大統領は21日、コロナワクチンの供給加速などを目指す10本の大統領令に署名した。ワクチンの材料や医療用マスクなどの不足を解消するため、大統領権限を使って企業に必要な材料の生産を優先するよう命じる。感染抑制に積極的な新政権の姿勢も市場心理を支えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前日比73.667ポイント(0.5%)高の1万3530.915で終えた。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も前日比1.22ポイント高の3853.07で終え、ともに連日で過去最高値を更新した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン