/

米国株、反発し189ドル高 初の3万3000ドル台 FOMC後に上げ幅拡大

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比189ドル42セント(0.6%)高の3万3015ドル37セントで終え、初めて3万3000ドル台に乗せた。米連邦準備理事会(FRB)は17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2023年末まで現行のゼロ金利政策を続けるとの予想を示した。市場の予想以上に「ハト派寄り」の内容だった。金融緩和の長期化が景気回復と株式市場への資金流入を後押しするとの見方が広がり、米株相場は会合後に一段高となった。

FRBのパウエル議長は記者会見で「雇用と物価上昇の目標が達成されるまで緩和的な金融政策を維持する」と改めて述べた。市場では23年中に1回の利上げ予想を示すとの見方もあったが、FRBはゼロ金利が続くとの予想を変えなかった。同時に発表した経済見通しでは21年の実質経済成長率を6.5%増と、昨年12月の前回予想(4.2%増)から大幅に上方修正した。

投資家心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は、前日比2.8%低い19.23と昨年2月以来の低水準で終えた。投資家が楽観に傾き、相場の先高観につながっている。金融緩和と追加経済対策の両輪で景気回復が加速するとの見方から景気敏感株が買われ、化学のダウは4%高、建機のキャタピラーと航空機のボーイングは3%高で終えた。ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株も高い。

ゼロ金利政策の長期化を好感し、ハイテクなど高PER(株価収益率)銘柄の一角にも買いが入った。スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトは下げて終えたが、FOMC後に下げ幅を縮めた。ダウ平均の構成銘柄以外では電気自動車のテスラが4%高で終えた。交流サイトのフェイスブックとネット通販のアマゾン・ドット・コムも高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前日比53.636ポイント(0.4%)高の1万3525.203で終えた。米長期金利の上昇を嫌気して午前中には200ポイント近く下げる場面があったが、FOMC後に急速に持ち直してプラスに転じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン