/

ロンドン株、反発 0.43%高 FRBの早期利上げ観測後退で心理上向き

【NQNロンドン】4日朝のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発している。英国時間9時15分時点は、前日終値に比べ31.14ポイント(0.43%)高の7280.03だった。米連邦準備理事会(FRB)が3日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的金融緩和の縮小開始を決めた。一方で、パウエルFRB議長が利上げを急がない姿勢を示したと受け止められ、株式市場には安心感が広がり投資家心理が上向いた。不動産やエネルギー関連株が高い。

ドイツ株価指数DAXとフランスの株価指数CAC40も上昇している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン