/

ロンドン株10時 小幅安 ロンドン証取は続落

【NQNロンドン】8日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は下落に転じ、小幅安となっている。英国時間10時時点では、前週末の終値に比べ10.57ポイント(0.2%)安の6619.95で推移している。上昇・下落銘柄数はほぼ拮抗している。

英国で新型コロナウイルス感染対策のロックダウン(都市封鎖)が一部緩和されたことで投資家心理が上向き反発して始まったが、米国の長期金利の上昇に対する警戒感も根強く相場を押し下げた。

前週末に続きロンドン証券取引所(LSE)グループが安い。複数のアナリストが目標株価を引き下げたことで売りが出た。買いが優勢で始まった石油のBPは小幅安となっている。ネット専業スーパーのオカド・グループをはじめ食品関連の小売株への売りも目立つ。

金利上昇を背景に銀行株など金融株が高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン