/

ロンドン株10時 高値圏 石油のBPと航空のIAG高い

【NQNロンドン】連休明け4日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は高値圏で推移している。英国時間10時時点では、前営業日の4月30日の終値に比べ38.97ポイント(0.6%)高の7008.78で推移している。構成銘柄の約6割が上昇している。

石油と銅の相場上昇を背景に、商品関連株が買われ株価指数を押し上げている。石油のBPや鉱業のフレスニージョの上げが大きい。

欧州連合(EU)の欧州委員会は3日、新型コロナウイルスの感染防止策としての不要不急のEUへの渡航制限について、規制を緩和するよう加盟国に勧告した。これを受けて航空のインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)が買われている。産業用ソフトウエアのアヴィバグループは下げている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン