/

ロンドン株10時 下げ幅縮小 鉱業株や石油株に売り

【NQNロンドン】21日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は下げ幅を縮小した。英国時間10時時点では、前日の終値に比べ58.06ポイント(0.77%)安の7526.95で推移している。構成銘柄の8割超が下落している。

原油や金属相場安を背景に資源株を中心に売りが広がっている。朝方に発表された英経済指標が低調な結果だったことも投資家心理を冷やした。

鉱業株と石油株はそれぞれ全銘柄が下落している。銀行株やアナリストが目標株価を引き下げた住宅建設のテイラー・ウィンピーの下げも目立つ。たばこ株は上げている。

※日経QUICKニュース社(NQN)ロンドン拠点の編集体制見直しに伴い、「ロンドン株10時」の配信を21日(金)で終了します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン